>

治療はどうやって行うの?

この記事をシェアする

フェイスリフト手術

代表的な治療方法は、顔の皮膚の一部を切り取り、引き上げてたるみを解消させる方法です。皮膚にメスを入れて切開するため、どうしても傷がつくことになりますが、効果は高くなります。気になる切開の傷については髪の毛で隠れる部分になるので大きく目立たず、個人差はありますが治療後ほとんど目立たなくなるケースもあります。
自分の状況や理想によって、皮膚を切る深さも異なってきます。
顔のたるみは、表面だけではなく皮膚の深部組織からたるんでいる場合が多いのです。そのため表面の皮膚だけを引き上げても効果が得られない場合が多いようです。
自分の理想を求めるためには、医師とよく相談して効果を得られるように施術してもらうようにしてください。

糸を利用したフェイスリフト

この手法は、傷跡がほとんど残らないことから、周囲にバレずに整形したい方お勧めの手法です。
糸を使って皮膚を引き上げる方法は、少しだけメスを入れて切る場合もあります。また、糸は基本的に溶けてなくなってしまうのですが半年から1年ほどかかるようです。糸が溶けても皮膚の引き上げ効果は持続されます。
また、細い糸を顔の皮膚内に挿入し肌にハリとボリュームを持たせる方法もあります。傷跡もほとんど残らないことから、手軽にフェイスリフトが行えるということで人気の手法となっています。
その他レーザーを利用して皮膚を引き締める手法やヒアルロン酸を注入したるみを解消する方法等がありますが、状況を一変させるほどの効果はないため一時的な肌のお手入れと考えたほうがよさそうです。